049

交通事故を起こした場合に弁護士に頼めること

交通事故の加害者となった場合でも被害者となった場合でも、当事者は頭の中が真っ白になってしまうでしょう。

その場での対応はもちろん、事故後の対応についてもなにも知識がなければ戸惑うばかりです。
そういった場合に頼れる専門家のアドバイスが欲しいと考えるのは当然のことです。
そういった場合に頼りになる存在として弁護士がいます。
もちろん、それぞれ得意分野があり、頼るとすれば交通事故の事案に精通している人がいいでしょう。
例えば、損害賠償の有無や適切な過失割合の判断などは法律家であれば過去の判例等を参照しながら、適切なアドバイスをしてもらうことが期待できます。
また、借りた車での交通事故の責任や勤務中の車の運転での事故の場合の責任等についても、適切なアドバイスをもらうことができるでしょう。
また、被害者の場合であれば損害賠償請求の手続き自体を本人に代理して行ってくれます。
まずは弁護士の団体等で無料相談を受け付けているので、そこに相談をしてみることから始めるのがお勧めです。
その上で、実際に弁護士のサポートが必要な場合には、交通事故に詳しい弁護士を紹介してもらうといいでしょう。
交通事故の対応は、一つ間違えると話がこじれてしまい、早期に解決しにくくなってしまう恐れがあります。
交通事故の時は弁護士を間に立てることで、被害者と加害者の間で冷静に建設的な話合いを行うこともできるようになります。
その時に弁護士が活躍してくれるのです。