慰謝料

交通事故で慰謝料の交渉は自分ではしないこと

交通事故に遭って怪我をした場合、相手の保険会社から慰謝料を受け取ることができます。その慰謝料の交渉は相手の保険会社担当者が行いますが、その交渉を直接被害にあった人がしてしまうと非常に損をすることがあります。保険会社は被害者が交通事故のことを知らないことをいいことに、保険会社が独自に定めている基準で慰謝料を支払おうとしてきます。

本来はもっと受け取ることができるはずなのに、保険会社の基準で支払いを行っている事実があります。そしてこれには対策を取ることでうまく対応することができます。その対応策とは、保険会社との接触を被害者の代理人に行ってもらうことです。その代理人は交通事故に詳しい弁護士になり、法律の観点から適正な慰謝料を受け取るための交渉を行ってくれます。

その額の基準とは、怪我の具合を証明する診察書、そしてもしも後遺症が残ってしまった場合、後遺障害証明証というものが作成され重度によって等級で示すことができます。これらの書類が適正な価格を受け取るためには重要になりますので、この書類の作成まで手伝ってくれます。

よって法律の観点から本当に被害者が交通事故から貰うべき慰謝料を計算して受け取ることができます。もちろん示談交渉になることが多いですので、希望通りにいかないこともありますが、多くの場合は保険会社が最初に提示した額よりも多くて3倍の額を受け取ることができた被害者もいます。本来受け取ることができない被害者が多いですので、交渉に代理人を付けるようにしましょう。