交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料と任意保険の基準

交通事故というのは、自動車交通がこれだけ発達した時代では誰もが巻き込まれる可能性のあるものとなっていますが、それだけに、

交通事故によってケガや死亡といった損害を被害者がこうむった場合の慰謝料についても、過去の事例の積み重ねによって、客観的な基準というものが整備されています。そうした慰謝料の基準のなかでも有名なのが、すべての自動車が強制加入させられている自賠責保険の基準です。この自賠責保険の基準によれば、ケガで病院に通院や入院をした場合の慰謝料は、日数あたり4200円として一律に定められています。

しかし、この自賠責保険というのは、交通事故による被害者に最低限の補償を行い、生活が破綻することのないようにという趣旨で設けられた制度であるため、慰謝料の金額もかなり低く抑えられているという状況があります。このようなことから、自動車のドライバーが自賠責保険とは別に加入することの多い任意の自動車保険では、保険金の支払いにあたって、自賠責保険よりも多い金額をもって基準としていることがほとんどです。

こうした基準は、それぞれの損害保険会社が独自に内部基準として作成しているものですが、自賠責保険の基準とは違い、一般に公開されているものではないので、具体的な金額についてはわかっていません。ただし、自賠責保険のような一律のものとは違い、ある程度は交通事故の慰謝料と、損害の実情を踏まえた金額になっているものと考えられています。